旦那の介護なんてしたくない

旦那の介護なんて絶対したくない!


と思う60代、50代の女性が急増しています。




これは旦那が定年退職したり、もうすぐ定年を迎え、


さんざん仕事男だった人間がいきなり家にずっとい続けることに


強いストレスを受けるからです。




でも感情に任せて旦那の介護が嫌というだけで、


あなたは損になりませんか?

旦那の介護は拒否!離婚と思うその前に…

熟年離婚であなたが損にならないか考える

さんざん家を空けておいて、


定年になったらずっと一日テレビをみているだけ。


ご飯食べて寝るだけの旦那。


今までだって、家事も育児も手伝うことなく


私なんて家政婦扱い。


いざ、会社にいかなくなると、何もすることがないみたいで


一日中家にいる…


これで次は介護と考えるともううんざり…


ここまで嫌な気持ちのまま、介護なんてあり得ないと思うあなた。


気持ちはわかります。


もう、同じ空気も吸いたくないのでしょう。




でも、今一度考えてみてください。


一時期熟年離婚という言葉が流行りました。


そして、事実もうこれ以上夫と一緒にいられないと60代女性で離婚したケースが


増えたのです。


しかし、離婚したとたん、経済的に困窮することも珍しくありません。

年金額や資産の計算をしておこう

例えば、あなたもずっと働いてきて厚生年金をもらえるならまだしも、


離婚すると国民年金しかもらえないことになります。


そうすると年金だけではとても暮らしていけないでしょう。


離婚してあなた自身がこれから働いたほうが、


夫と生活するより断然マシということなら離婚するべきです。

資産がある場合

もしあなた夫婦に資産がある場合は、


離婚せずに旦那を老人ホームに入れてしまいましょう。


旦那が老人ホームに入るまではあなたの人生、あなただけ楽しみましょう。


そして介護はすべてプロに任せてしまえばいいんです。


もう一緒にいたくない→財産まで手放したのでは、


今まで旦那に苦労させられたのに、


離婚することでさらに貧困になり、


あの旦那に苦労させられることになるのです。


積りに積もった恨みで離婚を深く考えずに、


結果としてあなたが経済的に苦労したのでは


何だか悔しいではありませんか。


そうであれば、旦那なんて適当に扱って


真剣に相手せず、向こうも誰も相手にしてくれないとなると


すぐに男なんて弱っていきますから、


その日を狙ってすぐに老人ホームに入れてやってください。


そして配偶者であるあなたが資産を相続できるんですから、


そこからはあなたが第二の人生を謳歌すればいいだけです。


旦那が嫌、介護なんてとんでもない!という気持ちもわかりますが、


まずは第一にあなたが「損しない」これをよく考えて行動してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ