介護したくない嫁はもう離婚するしかない?!

21世紀にもなっていまだに


「介護は嫁がするもの」


と恥ずかし気もなく主張してくる


旦那や義理親、義理兄弟がはびこっています。


「介護は嫁がするもの」は、専業主婦が当たり前だった時代の


法律改正前の古い話です。


介護したくない嫁はもう、離婚するしかないのでしょうか?

介護したくない奥さんはもう離婚しかない?

本当にその旦那でいいの?!

介護したくないという対象者は「義理親」だと思うんですよね。


そして、旦那さんが実子なので旦那さん主体で介護する


足りない分は嫁のあなたが補う


こういったスタンスであればあなたも納得できると思うんです。




しかし、本当にダメな旦那というのは、


「俺には仕事がある。だから嫁が俺の親の介護をして当たり前」


と考えるタイプです。


つまり、旦那の感情をのぞくと、


「介護なんて嫁に押し付ければいい」


ぐらいにしか思っていないということです。


その理由として、「仕事がある」とか「介護は嫁の役目」など


主張してくるんですね。




これらが理由だと、


「あなたは本当にその旦那でいいのか?」ということです。


今では介護は実子がやる、というのが当たり前の世の中だし、


例え専業主婦であっても、旦那が実子なんだから


奥さんは補助的にしか介護はしません。


でも、あなたの旦那さんは昔の名残りを持ちだしてあなたを介護要員にさせようとしています。


それであなたは本当にいいですか?

収入があれば施設へ。なければ自立を準備

まず、考えてほしいのが、


自分の親の介護もしないような旦那が、


将来的にあなたの介護も放棄するのは目に見えていませんか?


こういったタイプの旦那は、すぐに変わってくれる可能性も低いことでしょう。


あなたは、決して義理親の介護をするために結婚したはずではないはずです。




そうであれば、あなたに収入があれば


義理親に老人ホームに入ってもらえばいいですし、


仕事をやめてすべてを投げ打って介護要員になる必要はありません。


そして、収入のない方であれば今すぐ自立する準備をするべきです。


早めに夫の本性がわかったと思えばいいんです。


あなたの人生が押し付けによる介護でつぶされないことを願います。


そして、収入のある方であれば、今すぐ老人ホームを探しておくべきですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ