毒親実母の介護をしたくない…

母と娘って仲良しって思われがちだけど、
私はそうじゃない・・・


毒親な実母の介護なんてしたくないけど、
それって許されないことなの?


⇒私が毒親の介護放棄を決めた理由



このように、毒親を持つ人で親の介護に悩む女性は
増えているといわれています。


毒親を持つ子供の市民権が得られているのかもしれません。




毒親に自分の人生を子供の頃から奪われてきたあなた。


でも、だいじょうぶ。
親の介護をしなければいけない、なんて思わなくていいのです。

毒親の介護をしたくないと思うのは悪い事?

娘を苦しめる毒親の特徴

まず、どんな母親が毒親に当てはまるんでしょうか?


■娘に依存し続け、自立できない母親。


娘(あなた)をいつまでも子供扱いします。


娘の世話を焼くことで毒親は自分の存在価値を確かめます。


自分が必要とされなくなるのを最も恐れます。


子供が離れていこうとすると監視したりより過干渉になります。




■娘を女として敵対視する母親。


常に娘より優位に立っていないと気が済まない母親がこのタイプです。


娘が女性として成長することが許せません。


娘の性について厳し過ぎるのもこのタイプです。


娘が大人の女性として成長するのを喜ぶことができません。




■あなたのためを思って、と娘が40歳50歳になっても干渉し続ける母親。


あなたのためを思ってと娘の感情は無視でとにかく干渉しまくります。


自分の望んでいることと、娘の望んでいることは同じと信じています。


娘と自分が別人格であることを認識できません。


こういった母親は娘が40代50代になっても干渉を続けます。


■完璧であることを押し付ける母親。


とにかく自分の世間体が命。


家族が犠牲になろうと赤字家計になろうと関係ありません。


自分の世間体さえ守られれば、他が犠牲になることなんて
まったく意に介しません。これを親は死ぬまで続けます。


娘は世間体を保てるかの道具にすぎず、一生振り回され続けます。

毒親を介護すると・・・?

毒親はとにかく自己中心的です。


娘のためを思ってといいながら娘に干渉するのですが、
それは何よりも自分のために行ってきた行為です。


こういった母親をいざ介護するとどうなるのか・・・?


介護する、となると娘や義理の娘が当然するもの、と親世代は当然のことのように思っています。


そして、毒親は子供のためではなく自分のためだけに生きてきましたから、
介護される側になっても、


・娘に容赦なくきつい言葉を浴びせる


・娘は今までの母娘の関係性を保とうとし、娘自身の体調を壊す




こういった現象が起こりうるのです。

自分の人生を生きていい

世間には、まだまだ親を子供が介護して当然、という強い風潮があります。


しかし、子供のころから人生を操作されてきたあなた。


これからは毒親の介護として今後10年近くもまたあなたの人生を毒親に捧げることになります。


そうするとあなたは親のために生まれ、親のために人生で一番いい時間を割かれ、
親のためにあなた自身も人生を終えるということになります。

自分のために生きよう

親は自分を生んでくれた人だけど、
親のために自分の人生を犠牲にしなければならないなんてないんです。


そして人生はあなた自身のものです。


毒親でない人たちは自分の人生を生きています。
自分が尊重されているからこそ、親と適度な距離感があるから
お互いを尊重できてはじめて介護が成り立っているんです。


だから、毒親だけど、介護するのは義務、だなんて思わないでください。


まずはあなた自身があなたの人生を自立して生きることです。

毒親を変えることは難しいけれど、自分自身を変えるならいくらだってできます。


自分が自分の人生を生きられるようになってはじめてそこから毒親の介護を考えればいいのです。


⇒私が毒親の介護をしないと決めた日。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ