祖母の介護なんかしたくない!どうやって切り抜ける?!

両親、叔父、叔母がいるのに


孫である私に祖母の介護を押し付けられそう!




今回はこういった介護問題に悩む大学生女性の


体験談を見ていきましょう。

祖母の介護は孫の介護義務になるの?

おばあちゃんの介護を押し付けられて困っている孫

おばあちゃんの介護を将来的に押し付けられそうで、


将来に不安だらけの大学生のお孫さんの悩みです。




彼女は、両親が海外に住み、叔父叔母は働かずにフラフラしている。


祖母はというと、老人ホームには入りたくない、


絶対自宅で家族に面倒みてもらいたいと考えています。




孫であるその女性にヘルパーの資格を取なさい、


なんて祖母や叔母に言われているそうです。。


これでは、叔父叔母におばあちゃんの介護を押し付けられて、


彼女の人生を介護でつぶされる可能性がありますね…


では孫が介護を周りの大人から押し付けられそうになったら


どうしたらいいのでしょうか?

断固拒否をする!

そもそもなんですが、法律上でも孫が祖父母を介護する義務はありません。


直系血族はお互いに扶養義務がありますが、


これはまずは実子に扶養の義務があります。




この、大学生の孫であれば、両親や叔父叔母がいるので


祖母の面倒をみるべきなのは、実子である


両親と叔父・叔母なんです。




しかし、心の汚い大人というのは、


何となく断りづらそうな、やってくれそうな人間を嗅ぎ分け、


介護を押し付けてきます。




Noと言えない人間をつかまえて自分たちの面倒ごとを丸投げしているんですね。




そして、孫である若者には将来があります。


介護は片手間でできるほど生易しいものではありません。


介護状態にもよりますが、24時間365日、短くても数年続くのが介護です。


それを孫の若い世代が自分の将来をつぶしてまで、


自分の人生をつぶしてしまうことほどもったいないことはありません。


周りの卑怯な大人たちに押し付けられたら、断固として


「私は介護しません!叔母さんがやるべきでしょっ!」


と毅然とした態度で突っぱねるべきです。




突っぱねて周りに文句を言われても気にしないことです。


だって介護をやるべきなのは両親や叔父叔母である実子なんですから…


これは、法律から見ても、実子が介護をするのが当然で常識なのです。


実子みんなが介護を擦り付け合って、なんとも情けないのですが、


ここで孫のあなたが弱きになると、


介護をやりたくない大人たちはここぞとばかりに


しめたものだ、とあなたに頼ることでしょう。


若い時の将来を決める一時期というのはとても貴重な時間です。


周囲の大人にいいように使われないよう、


あなたもきっぱり物事を言う必要性があります。


⇒孫の介護断固拒否!強い味方をつける方法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ