一人暮らしの義母が認知症に…これからどう対処する?

独居で暮らす義母が認知症になってしまった。。


夫に相談しても問題を先送りにするばかり…




あんまり自分だけが首を突っ込んでも、
同居を押し付けられても困る。


こういったお姑さんの認知症で頭を悩ませている人も


多いのではないでしょうか?


認知症は放置しておくと、症状がどんどん進行し、


取り返しのつかないことになりかねません。

1人暮らしの義母が認知症になったら?



1人暮らしの認知症のお義母さんを放置しておく危険性

認知症は対策しておかないとどんどん症状が


進行していきます。


一番困るのが「火の不始末」。


私の祖母も同じだったのですが、


認知症になると、1分前のことも忘れていきますから、


お鍋に火をかけたことを忘れるなんて朝飯前にやってくれます。




そして徘徊行動ですね。


いくら認知症といっても、普段通りに戻ることもしばしばで、


車の免許を持っていると、認知症の症状が出た時に


車を乗り回して徘徊行動を行うこともあります。


すると、車の無謀な運転で他人を傷つけるばかりか大きな事故にもつながります。


やはり、認知症の年寄りを一人で生活させるには無理があるのです。


大きな事故につながる前にあなたは賢く立ち回る必要があります。

認知症が心配だけど同居はできない…

お義母さんの認知症が心配だけど、


同居して面倒看るまではできない…


子供にだってまだ手のかかる方も多いことでしょう。


でも、夫も夫の兄弟も何も決める気配さえない…


こういった場合は、まず、介護認定を受けさせることです。


あなたが夫に促し、


「火事にでもなったらうちも責任とれないよ?損害賠償とかになったらどうするの?」


などと伝えて介護認定を受けさせましょう。


介護認定がおりれば、介護保険を利用してヘルパーに様子を見させることができます。


これだけでだいぶ危険を減らせることができます。

介護の無料相談サービスを利用してみましょう

介護にまつわるサービスや保険の算定などは多岐に渡りそして複雑です。


しかし、認知症となると近い将来


もっと密に介護の必要性が高まります。


そうであれば、利用できる介護サービスで、


事故の可能性を極力減らし、経済的にも公的補助のサービスが受けられないか?


これを事前に調べておくだけでも、いざという時の強い味方になってくれます。


今は、いちいち義母のところまでいって行政に足を運ばなくても、


無料で介護のプロに相談できます。


今から少しでも認知症からくるリスク対策を万全にしておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ