遺産相続は親を介護してもしなくても変わらないのか?

遺産相続って親の介護をしてもしなくてももらえる額は変わらないのでしょうか?


介護というのはきれい事だけでなく、
お金がかかるのも事実です。


実際に介護をしている方には
とても気になる内容でしょう。


今回はこの辺りを詳しく一緒に見ていきましょう。

遺産相続と親の介護する・しない

基本的に介護をしても遺産の金額は微々たる差

基本的に親の介護を全面的にやったとしても
それは子の扶養義務の範囲のため、
介護をしていない人との遺産相続の分配は微々たる差ぐらいに
考えておいたほうがいいでしょう。


例として、親に遺産が1000万あったとします。


親の介護のほとんどをあなたが行ったとして、
他にあなたに弟が一人いたとします。


その弟がまったく介護を手伝わなかった場合、
仮に法廷で争っても、あなたが700万で弟が300万、
この程度で収まるはずです。


介護を懸命にしてきて、なおかつ親の介護費用のほとんどを
負担したとしてもこんな有様です。。


あなたの心情としては、親の遺産1000万ぜんぶもらっても少ないぐらいだ、
と思われるかもしれません。


しかし、法律でその主張を認められることはほぼないでしょう。

遺産泥棒には対策をしておこう

確かに、遺産がほしくてあなたも親の介護をしていたワケでもないでしょう。


しかし、あなたが仕事も辞めて人生の大半を費やして
親の介護にあたったのなら、心情として親の遺産相続を
すべて受け取りたいという気持ちがよくわかります。


ですから、介護をしてきた自分をねぎらうためにも
自分を守るためにも知識をつけておくことです。


遺産相続で介護を真面目にやってきた自分を守るのなら、
法律上では「寄与分」といいます。


寄与分はあなたの親の財産を守るために、
あなたが親に対して経済的に援助した分が寄与分として認められ、
遺産分配の際に上乗せされて配分される仕組みをいいます。

寄与分は何に認められる?

寄与分として介護した者が認められる行動基準があります。


・介護者が仕事を辞めてまるで自分の仕事のように親を介護した場合(親の財産を守る行為)
・親のために介護費用を負担したり、借金を代わりとなって支払っていた場合
・医療や在宅看護にまつわる介護費用で実際に介助して支払った費用
・親の財産を代わって管理し、親の代わりにその財産を守るために介護者が費用負担したケース


これらはすべて寄与分として認められ、遺産相続の際に考慮されます。

寄与分に認められるためにできること

寄与分として財産分与の際に認めてもらうためには、
上記の条件を満たし、なおかつ領収書をすべて保管しておくことです。


さらに領収書に加えて日付やどんな内容で費用を使ったのかをノートに記しておくと
証拠として有力な材料となります。


こういったことをしないと介護の負担を証明できないことは
何とも切なくなってしまいますが、いつかくるその日に
肉親と争わないためにも、介護したあなた自身が泣きをみないためにも
常日ごろから賢い行動を心がけておくことが介護で損しない秘訣になるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ