親の介護費用を兄弟で平等に出させるための法律手段は?

親の介護費用って兄弟に出させることはできる?


介護の手伝いもしない、費用も一切出さない


知らんぷりの兄弟…


自分の生活だって苦しいのに、どうして知らんぷり?




兄弟に「少しは手伝って!」とお願いするものの、




「忙しいから」


「家族がいい顔しないから」


などで親の介護にはとことん無視。


どうしたら兄弟に介護費用を分担させられる?


法的手段ってないの??

親の介護費用を兄弟に請求できる法的手段は?

兄弟にも介護費用を出させる法的手段

まず、親を扶養する義務ですが、


民法877条には、「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」と


明記されています。




法律上でも、あなたばかりでなく


兄弟を扶養する義務があるんですね。




にも関わらず、あなただけに介護を押し付けられている場合、


手伝ってと伝えている場合でも介護をまったく手伝わない時には


あなたの考えによっては法的手段に出ることもできます。




まず、家庭裁判所で調停し、話し合いの結果


それでも解決しない場合は審判へと進みます。


まず、こういった方法があるのを知っているだけでも違いますね。

遺産相続の寄与分は必ず利用しよう

あなたが介護をがんばっているのなら、


なおさら損をしないよう今から動きましょう。


まず、親の遺産相続の時に、


あなたが介護費用をたくさん負担していた際は、


負担金額はしっかり遺産から取り戻しましょう。


これは「寄与分」といって、


例えば、親が最終的に老人ホームに入ったとします。


その際にあなたが500万費用を分担したとしますよね。


親の遺産が3000万あった場合、


二人兄弟であれば、まず3000万から500万を引き、


残りの2500万を二人兄弟つまり実子で折半します。


こういった法律があるのですから、


介護の手伝いも費用も何もしてこなかった兄弟に全額遺産を渡す必要はありません。

今から寄与分で注意しておきたいこと

しかし、寄与分の法律を利用して、相続を多くするには、


いくつかの注意点があります。


それは、


・介護にかかった費用のレシートを保管しておく


・介護にかかった費用の項目を日記に記録しておく




です。


このように、寄与分でしっかり介護費用を取り戻すためにも、
法律に則って、あらかじめの手続きはきっちりと踏んでおくことです。


また、弁護士の無料相談などを利用して、


あなたの介護問題のケースでは、


どんな法律が有利になるか?


そのためにはどんな準備が最低限必要なのか?


を弁護士に聞いておくと、後であなたばかりが損することはなくなるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ