遠方に住む親の介護が心配。

遠くに住む親の介護が心配になってきた…


こう思われる方も多いのではないでしょうか?


しかし、あなたにも日常生活があって、今すぐ介護のためだけに


実家に駆けつけられないこともありますね。


では、今後どうやって親の面倒を考えていったらいいのか?


これを一緒に考えていきましょう。

遠方に住む親の介護はどうしよう?

親の介護疲れを対策してあげる

例えばなんですが、


あなたのお母さんがお父さんの介護をしている場合。


お母さんもはじめのうちは介護をがんばっていても、


介護される側は毎日弱っていきます。


人によっては家から一歩も外に出ず、


介護する側が自分の時間を取ることができずに


精神的に参ってしまうことが多いものです。


こういった場合は、介護しているお母さんの時間を確保してあげること。


ここで利用できるのが


老人ホームなどのショートステイです。


ショートステイやデイケアは、手厚い介護で、介護される側のリフレッシュはもちろん、


介護している側、つまり介護者であるお母さんの時間を確保できることが


最大のメリットです。


朝から晩まで介護。そして終わりの見えない介護。


介護する側も時に休まなければ、精神的に疲れてしまいます。


そんな時、老人ホームのサービスを利用して、


介護者の時間を作ってあげることです。


すると、介護している側も、体力的にも精神的にも


休むことができるので、かなりの気分転換になります。

遠方介護はかわいそうなのか?

介護というと、すぐにイメージするのは、


Uターンして介護したり、


子供の近くに親を呼び寄せたりの介護を考えがちですが、


遠方から親の介護を支援することは何もかわいそうではありません。




例えば、あなたも働き盛りなのに、


介護のために仕事を失い、家庭の生活レベルが下がってしまえば、


あなただけでなくあなたの家族も幸せではありません。


親の近くにいないと、親不幸、という考えは捨ててください。




あなたの人生やあなたの家族の幸せを考えるのもとても大事です。




遠くに離れていても、できる介護はたくさんあります。


先ほども出た、老人ホームのショートステイやデイサービスを利用したり、


介護ヘルパーをつけて実家に介護援助を行うことでも


介護の手助けになります。


また、老齢の親というのは情報を調べるのが苦手だったりおっくうだったりしますから、


子供であるあなたが支援できる介護サービスのありとあらゆる種類を


親の代わりとなって調べて手配することが親を助ける方法になります。




まずはどんな種類のサービスがあるか?


今すぐ利用できる補助はあるか?


これらを介護のプロに無料で相談されることをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ