孫に介護義務はある?法律ではどんな解釈されるの?

孫である私に介護を全部押し付けるまわり…


そうなんです、今自分の親の介護をしたくない、


という自分の気持ちを優先させて


若い孫に介護を押し付ける大人が急増しています。


でも、対策しなければ、あなたの人生つぶされてしまいますよ?!

孫に介護の義務はあるのか?法律はどうなっている?

まず、介護に関する法律なんですが、

民法 第877条
『直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養する義務がある。家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、3親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる』



となっています。




もしかしたら、親や親類に、「孫にも介護の義務があるんだから!」


なんて自分を棚に上げて言われたこともあるかもしれません。


しかし、法律でも孫が介護をしなければいけない、なんて明記していません。


まず、祖父母の扶養の義務は実子にあると法律は定めています。


もし、あなたの親や叔父叔母の実子がいない場合は


孫であるあなたに扶養の義務がはじめて発生します。


しかし、これもあなたが経済的に自立して生活し、


なおかつ経済的に余裕があれば


実子がいない時に祖父母を援助すればいいだけです。


例えばあなた一人が生活するだけでも大変であれば、


無理におじいちゃんおばあちゃんを扶養や介護する必要なんてないのです。


あなたに親や叔父叔母がいれば、当然親と叔父叔母が祖父母の介護をするべきで


孫であるあなたは、祖父母が入院した時にでもお見舞いにいくだけで


孫の義務なんて果たしたことになる。そんな程度なのです。


⇒周りから介護を押し付けられる?身を守る方法とは?

今すぐ他人の手を借りよう

そうはいっても、家庭の事情により、


親や親類が、祖父母の介護を押し付けてくることはあるでしょう。


心のやさしいあなたに付け込んで言語道断なんですが、


あなたも自分の人生をしっかり歩んでいく必要があります。


だけど、大好きなおじいちゃんおばあちゃんを放っておけない、


こんな時はとにかく他人の手を借りましょう。


例えば介護保険を使ってホームヘルパーを依頼したり、


老人ホームのショートステイやデイケアなど


いろんな方法があるのです。


少しでも若いあなたは介護から解放されて、


自分の時間を確保することです。


介護を押し付けられて自分の貴重な若い時をつぶしてしまってはいけません。


介護のプロに無料で相談できる窓口もあるのですから、


うまく利用して、介護の負担や時間をどんどん減らしていくべきです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ