認知症の介護でノイローゼにならないための解決方法は?

認知症の介護というのは、


想像を絶する大変さがあります。


実際に認知症の介護をしないと


想像するのも難しいかもしれませんが、


ノイローゼになってしまうのも多いのが現状です。

介護ノイローゼにならないための対策方法

どうして認知症の介護はノイローゼになりやすい?

まず、認知症は介護者の身体疲労だけでなく、


精神的にもとても疲弊させます。




認知症の主な症状として暴言や暴力があるからです。


お世話している身としては、
さらに暴言暴力があれば、精神的に参ってしまうのも当然です。


また、元気だった頃の親の姿といつも比較してしまいがちです。


認知症が原因で人格まで変わってしまった親の姿を見るのは
とても精神的にダメージが強いです。




そしてまだ歩きまわれる体力があれば、


あなたも振り回されることになるでしょう。


汚物いじりも介護者にとって強いストレスを感じます。

認知症介護でノイローゼにならないために・・・

このように、認知症の介護というのは、


想像を絶する大変さがありますから、


認知症の介護はあなたがノイローゼになる前に


グループホームなどの施設の入所も早いうちから検討してみましょう。




グループホームに入所できるレベルの症状なのか、
身の回りのことが一切自分でできないレベルなのかで違いは出てきますが、


認知症対応できる老人ホームは増えています。



早い段階から老人ホームの情報を集めておきましょう。


お家の考えによってはギリギリまで在宅介護でがんばりたい、
というお宅もあるかもしれません。




そういった場合は介護の相談サイトなどで


あらかじめ認知症はどういった症状なのかを勉強しておくのも良い方法です。




あらかじめ病気の知識があれば、突然認知症に振り回されるより
だいぶ心の余裕ができます。




介護側の精神的ショックを少しでも減らすためにも
あらかじめ予習しておくことが大事なのです。


知識がないせいで、そのショックで介護ノイローゼになってしまうケースもありますし、


介護に絶望感だけしか抱けなくなってしまう可能性すらあります。


・脳血管障害が原因の認知症なのか?


・アルツハイマー型の認知症なのか?


で、少し介護の方法もかわってきますが、
介護で何より大切なのが


身の安全を確保するための介護と認知症の進行を遅らせる介護であることが重要です。




在宅介護がすべて良いのかといえばそうではなく、
老人ホームのほうがかえって進行を遅らせることができる、という専門家の意見もあります。



いずれにしても介護者であるあなたが心身ともに疲れ切ってしまわない
選択肢を複数持つことが大切なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ