親の世話をしたくない!

親の世話をしたくない!


こういう気持ちなのは、さまざまな理由が考えられます。


親の介護をしたくてもできない人もいますし、
育った環境でとてもではないけど親の世話なんかできない、という人もいます。

親の世話をしたくない、どうしてそう思うのか?

毒親・虐待

世話をしたくない親が毒親だったり、虐待する親だったり
ということもあるでしょう。


そんな状況で育ったのに、ただ子どもだからといって、
親を将来的に世話しないといけないのか?


といわれたら、私には到底「子供が親を面倒看るべき」とは言えません。


親の介護というのは、子どもがしっかりと自立できていて、
なおかつ子供ができる範囲でやればいい事なのです。


毒親や虐待を受けた子どもというのは精神的なダメージが非常に強く、
ましてや他人が推し量れることではないのです。


でも、このブログを見ているということはあなたはやさしくて真面目なのでしょう。


本当に親を憎み、世話をする気がないのなら、このブログさえ見ないはずですから。。


それでも、親のことを思い悩むということは、
心のどこかでそんな親でも介護をどうにかしたほうがいいんじゃないか?


と引っかかっているからなのだと思います。


そうであればこちらの記事の一番下に少しでも良い道を探せる方法を
案内しています。ぜひチェックしてみてください。

経済的な問題

経済的な問題で親の世話どころではない人もいます。


不景気が長く続く中、自分たちの生活で精いっぱいなのに、
親の世話を自分がやることになりそう・・


でも、介護費用の月の平均額をご存じですか?


なんと平均で7万円ほどかかります。


そして、親の介護状態がさらにひどくなればなるほど
あなた自身の仕事を継続することさえ難しくなることも考えられます。


これが今日本で問題になっている「介護貧乏」です。


ではそうならないためにはどうしたらいいか?


このブログが参考になれば幸いです。

自分一人に押し付けられそう

兄弟もいるのに、みんな親のことは知らんふり。


きっとこのままいけば自分だけに親の介護を押しつけられそう、
と戦々恐々としている人もいます。


では、たった一人で介護を背負わないといけないのか?


と、いうとそんなこと一切ありません。


時に、介護となると、兄弟親戚ほど自分の敵になることは
よくあるケースです。


だからといって自分は孤独なんだ、と思い込んではいけません。


こういった場合は、自分一人にならないこと。


とにかくありとあらゆる他人の手を借りることです。




いかがでしたか?
「親の世話をしたくない!」と一言では言えない皆それぞれの理由があります。


でも、あなたがやさしくて真面目だから親の介護について悩み、苦しみ、このブログを見てくれているのだと思います。


そうであれば、あなた一人で気持ちを抱え込まず、まずは介護のプロに
無料で相談してみませんか?


話すだけで楽にもなるし、経済的なことであれば利用できるサービスを
親切に教えてくれます。


介護は素人一人ではとても手に負えません。


ぜひ無料で利用できるサービスを使って自分を楽にしてあげましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ