親の介護費用の分担はどうする?

親の介護費用の分担ってどうしたらいいのでしょうか?

これから親の介護を考えるタイミングの人もいるし、

今まさに自分だけが親の介護費用を背負っている人もいることでしょう。

いざ慌てないためにも、今まさに介護費用で困っている人のためにも
参考になれば幸いです。

親の介護費用の分担考え方



まず大前提として介護費用は親の貯金と年金から

まずはの大前提として、親の介護費用というのは、
親自身の預貯金や年金から出すのが一般的です。


しかし、親に貯金がほとんどなかったり、年金さえ少ない方もいます。


すると、子供たちで費用を平等に分担するべきなんですが、
どうしても介護者が多く出費しがちです。。


私も経験者ですが、祖母の介護の時、私の弟はほぼ何もしませんでした。


私も弟も働いてたんだし、お金は出さないまでもせめて介護の手伝いはしてほしかったんですよね。


でも弟はずっと知らんぷり。


私は弟に対してかなり嫌な気持ちを抱いていました。


このように介護を受ける側にお金がないと、家族間がとてもギクシャクして
憎しみ合うことさえあります。


そして介護を手伝わない者ほど金も出しません。


そして遺産相続になると、「兄弟平等で財産分けだ」なんて主張するのです。
これでは介護した人間が何もかも損なだけです。

裁判という手もあるが・・・

直系の血族は兄弟間で扶養の義務があります。


親の介護費用の分担について裁判できるのか?


という質問であれば回答は「裁判できます」という答えになります。


しかし、ちょっとした裏情報ではないですが、
離婚した父親の養育費逃れが問題になっているように、
介護費用だって強制執行はできないのです。




しかし、私の弟の話ではないですが、
これから必ず来る親の介護の費用に関しては
なるべく親の体が悪くなるその前に兄弟できっちり話し合いを持っておくのがベストです。


実際に介護している人は親の身の回りの世話だけで費用は出さない、
世話をできない人はひと月に介護費用をいくら分担する などと決めておけば
一人だけに介護のすべての負担がいってしまう、ということは避けられるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ