親の介護費用が払えない…どうしたらいい?

いざ親の介護が必要になった時、
「介護費用が払えない!」という方も多いのではないでしょうか?

親の面倒をみたい、そう思ってもちょうど子供にお金がかかる時期だったり、
住宅ローンを払っている真っ最中、などその家庭により経済状況は様々です。

今回は親の介護が切迫している、でもとてもではないけど
介護費用を捻出できない場合を一緒に考えていきましょう。

親の介護費用がどうしても払えない。困りました。。

まず、すぐにでも親の介護が必要な場面で、
でも介護費用が負担できないとなるとあなたも精神的にパニック状態に

なってしまうことでしょう。

ただ、必ず道はありますので、しっかり一つずつ考えていきましょう。

まず、どこで介護するか?各費用を一般的な相場で見ていきましょう。

在宅介護の場合

在宅介護では、費用面では一番安いとされていますが、
それでも毎月の負担は発生します。

厚生労働省の介護費用に関する統計によると、

月の介護費用の平均金額は3万7千円です。

これは介護保険を適用してさらにオーバーした自己負担額の平均金額です。

そしてこの金額は「介護費用」ですから、医療費や介護費以外にかかる費用が含まれていません。

介護費用以外にかかる費用はひと月に3万2千円が平均金額でした。

つまり、親を在宅介護で介護すると6万9千円、ひと月に7万円近くも介護費用がかかるのです。

介護側の年代としては、子供たちが大学に進学したり、あわせて自分たちの老後費用を
貯めていきたい時期。

それなのに親を在宅介護するだけでひと月に7万もかかるのです・・・

これだと、今まではそこそこの暮らしができていたのに、一気に貧困家庭になってしまいますよね。。

介護を施設に依頼すると?

親の介護を施設に依頼するともちろん相応の費用がかかります。

例として一番安価で済むのが「特別養護老人ホーム」。同居している世帯収入によって
費用がかわってきます。

特別養護老人ホームの費用は月に30,000円から130,000円ほどとなります。

しかし、特別養護老人ホームに入所を希望している人は多く、

場所によっては100人待ち、200人待ちも普通で、
最短で入所できるのが数か月先というのも珍しくありません。

また、特別養護老人ホームは介護認定が3以上でなければ基本的に入所を断られます。

費用が安い代わりに条件がとても厳しいのです・・・

一方比較的すぐに入居できるのが有料老人ホームですね。

有料老人ホームは手厚い介護ではありますが、

ひと月に20万円から30万円が費用の相場です。

また入居時に一時金として200万円から300万円を一括で支払うのが一般的です。

まずは無料で相談してみよう!

在宅介護も無理そうだし、施設もどちらも条件が合わない…

そういった方が大半のことでしょう。

しかし、親の介護というのは待ったなし!

一人で悶々と悩んでいても何も解決しません。

それよりも介護の専門家に無料で相談してみることをおすすめします。

経済的に苦しい場合に最適な介護方法、公的補助をどう使えば一番負担が少ないか、

こういった介護に関する悩みを一気に解決してくれるのが介護のエキスパート達です。

一人で思い悩むだけでは問題が先延ばしになるだけで、

あなたの親の症状が進むだけのことですから、あなたのためにも

介護が必要な人のためにも、まずは専門家に無料で相談していてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ