親の介護費用の毎月の平均額を知っておこう!

親の介護にはきっとお金がかかるんだろうな・・・

と漠然とは思っても具体的な金額となるといくらだろう?

と思う方は多いはずです。

今回は介護の状態によって介護費用の毎月の平均金額を

見ていきましょう。

親の介護費用毎月平均どのぐらいの費用?

介護費用月平均6万9千円!

家計経済研究所の統計調査によると、
親の介護費用の毎月の平均費用は、
なんと6万9千円。


約7万円が毎月介護費用として必要になる計算です。


内訳なんですが、
・訪問ヘルパーやショートステイなどの介護費用は
月平均3万7千円


・上記以外の費用が3万7千円


という結果になりました。


これらの費用はある一定までは介護保険でまかなえるのですが、
上限を超えた場合は自己負担になります。


自己負担を超えた介護費用の平均額が約7万円になるということです。
これって相当な金額になりますよね…

基本的に介護費用は親が負担が原則

最近の介護事情では、
親の介護費用は親自身が半数近く支払っています。


でも、親の経済状態が悪かったら?


例えば、親に貯金がほとんどなかったり、
年金もごくわずかな場合、やはり子供たちが負担する必要が出てきます。


しかし、問題になるのが子供にも家族があるということ。


子供の教育費用や住宅ローンなどで生活がいっぱいいっぱいで
介護費用毎月7万も捻出できない、と頭を抱える家族も少なくありません。


兄弟間できちんと公平に分担できればいいのでしょうが、
兄弟でも真面目に考えるタイプと介護から逃げるタイプと
わかれる話をよく聞きます。


そうすると親の介護に真面目に向き合う者だけが
バカをみるケースがよくあるのが事実でもあります。


兄弟で腹を割って話し合いできるのが一番ですが、
そう綺麗事も言っていられないのが親の介護なのです。


もしあなたが今、親の介護費用で頭をなやませているのなら、
無料で介護のプロに相談することをおすすめします。


何事も「知らない」ということで経済的にも肉体的にも
損をしていることが多いものです。


使える介護サービスなどはフルに活用して、
自分一人で抱え込まないことが重要になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ