親の介護は子供の義務なんでしょうか?

様々な事情で親の介護をしたくない人は存在します。


・昔から浪費グセが激しい


・育児放棄気味で育った


こんな親でさえも、法律で決まっているから、と


子供だからという理由で介護の義務が発生してしまうのでしょうか?


今回は法律からみる親の介護の義務、また回避方法を見ていきましょう。

どうしようもない親でも子供は介護の義務があるの?

法律から見た親の介護義務は?

まず、法律では


民法877条には、「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」


と定められています。


これは、親、祖父母、兄弟、子供というように家族はお互いを扶養する義務があるということです。


特に親は子供を扶養する、配偶者を扶養する意味合いが強く、


本人と同等の生活水準を維持するように扶養する強い義務があります。




そして、親や祖父母への扶養なのですが、法律的解釈では、


例えば子供が親を扶養する義務はあるけれど、


それは子供が自立して生活を営み、


余裕があった場合は親を扶養する義務がある、とみなされます。


何も介護のためにあなたの生活・仕事をすべて投げ打って介護しなければならない、


とは法律では定めていませんし、解釈されていません。

親が収入があればそこから介護費用を出させる

原則的に親に年金収入などがあれば、


介護費用は親のお金から出すのが原則です。


子供に親の扶養義務があるからといって


子供だけが介護費用を支払う必要はありません。


子供が親のすべての面倒を看るべき、長男が看るべき、


というのは過去の産物で法律にはどこにもそんな定めはありません。


親がお金があるならきちんと出させましょう。

どうしようもない親にも介護義務は発生するの?

法律だけを解釈すれば、


どうしようもない親でも、介護が必要になれば子供には扶養の義務があります。


しかし、例えば浪費グセのある親。


無駄な物は買ってはダメだよと言っても治る気配なし、


で収入に見合わない高額商品を買いまくる、


酒好きで収入の大半を酒に浪費し、貯金も底をついてしまった親。


こんなだらしのない親に


一方あなたはというと、親を反面教師にして


堅実に生きてきた。


自分の人生のために、自分の家族のために


一生懸命働いてきた。そして貯金もしてきた。


それなのに、だらしのない親のせいで自分の人生をむちゃくちゃにされるのって


理不尽そのものだと思いませんか?




そんな時はあなたはお金を出さないことです。


キリがなく、あなたの人生が崩壊します。


こういったどうしようもない親にまとわりつかれて


ほとほと困っている方は、介護のプロに無料で相談しましょう。


「浪費グセ」というのは、立派な認知障害とみなされ


介護認定がおりて老人ホームに入ってもらうこともできますし、


いろんな介護サービスを利用し、あなたが介護をしなくてもいいぐらい


サービスを受けられることもあります。


こういったことは、役所の方から連絡してくることはまずありません。


自分で動かなければ、どんなサービスがあるのかさえ知ることができません。


知識がなかったというだけで、親のせいで


あなたとあなたの家族の人生が振り回されたりむちゃくちゃになることの


ないように、うまく対策していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ