親の介護姉妹間での不公平感。

姉妹でいつも親から不平等感を感じて育ってきた・・


私はかわいがられなかった方なのに、
なぜか介護は私に押し付けられそう・・・


こういった悩みを抱える方は多いものです。


どうやって気持ちの整理をするか?


どうしたら一人で介護する状況を解決できるかを見ていきましょう。

親の介護、姉妹間で不公平な状況の場合




親の介護で姉妹間で平等に介護できればいいものの、
多くは一人が介護問題を抱え、もう一人は素知らぬ顔をしているパターンが多いものです。


今回はわかりやすいように、ある人の体験談を例にしたいと思います。

姉妹だけですが、姉の私だけが介護をしています・・・

【42歳 Aさん主婦】
みなさんはじめまして。


私は40代で主婦です。


父は病気ですでに他界しており、
元気だった母が少し痴呆の症状が出てきました。


兄弟は姉の私と妹一人です。


私は母の家から車で30分の所、妹は車で2時間半の所に住んでいます。


昔から妹ばかりかわいがられ、私はいつも怒られ役、雑用役をやらされてきました。


そのため子供ができてからも実家には疎遠気味、
妹は子供を連れてよく両親に孫の面倒をみてもらってきました。


こんな状況だったから、もちろん親の介護をするのは妹だと思っていましたが、
この期に及んで妹は母の世話は知らんぷりです。


私のほうが実家に近いため、面倒看る場面が多くても致し方ないとは思いますが、
さんざんかわいがってもらった妹が、介護だけは無視、というのも
感情的になってしまうのです。。


一度妹にも「都合つかないから母親を病院に連れていってくれないか」と
頼んだんですが、「仕事してるから無理!」の一点張りで電話を切られてしまいました。


私も体調が悪くて主婦をしていますから、
仕事を理由に一切介護をしないというのは理由にならないと思うのです。


これから先、この不平等感を持ちながら介護できるのか不安です。。

介護費用だけでもきっちり決めておこう

こういった場合、知らんぷりの姉妹というのは
ずっと知らんぷりを続けることでしょう。


そして遺産相続の時だけ「兄弟で折半だ」と主張するケースが後を絶ちません。


心情としては、介護を多くした者が遺産もその分多く相続できるはず、
と思いがちですが、法律上では、介護した人間が【少しだけ上乗せ】させて
遺産は折半という判決事例が多いのが実情です。


原則として介護費用は親の預貯金や年金から出すのが一般的です。


しかし、親に預貯金そのものがなかった場合、年金が少ない場合
介護している人が持ち出ししているのも現状です。


こういった現状を踏まえても、正直者だけがバカを見る、という法律と
事実例になっているのです・・・


これでは介護しているあなた自身が身も心も壊れてしまいます。


まずは、介護費用を減額できる方法、介護負担を減らす方法というのは
実はいくつも存在します。


あなただけが辛い思いをするのではなく、
無料で介護のプロに相談できますから、ぜひすぐにでも相談してみてください

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ