親の面倒をみない場合…相続はどうなる?

兄弟がいると、親の面倒を看る人と看ない人とでわかれます。


親が倒れる前に兄弟間でよく話し合い、
介護について平等に分担できるといいのですが…


平等にそして全員が納得して介護にあたることは
稀なケースで、どうしても一人に
介護の負担がいきがちなのが現状です。


では、親の介護をしない場合の相続はどうなるんでしょうか?


今回は親の遺産相続の視点から見ていきましょう。

親の介護をしない場合の相続はどうなるの?

相続は介護したしないは無関係

実は、法律上では親の遺産相続については
介護したのかしないのかは配分についてはあまり関係がありません。


裁判では、介護した側が今までの介護費用を上乗せして遺産相続を多くしたい、
という訴えは結構あるのですが、判例としては少しの金額を上乗せし、残りは兄弟で
平等に分配、という判決がほとんどです。


そうすると、真面目に介護した側ばかりが損をする・・・
と考えられなくもないのです。。

介護の不公平感を少しでも減らすには?

こういった事例をみても、やはり介護の不公平感を少しでも減らすために、
親の介護になる前に兄弟間で話し合いがあらかじめできているといいですね…


例えば、


・親の実際のお世話をする者は経済的援助をしない


・実際にお世話できない場合は経済的援助をする


このように、役目の分担ができるのが一番不公平感を少なくできます。


しかし、現実問題としてなかなか兄弟間で相談できない方の方が多いのが実情ですね。。

とにかく早く動くこと

あなたが親の介護で不安があるなら、
すでに一人でほとんど介護を負担しているなら、


一日でも早く介護に詳しい者に相談すること。


介護者の心のケアばかりだけでなく、
使えるありとあらゆる制度を使って経済的な負担を少しでも
いいから減らしていくこと。


こういった利用できる制度って市報なんかのちょっとしたお知らせ程度で
個別に教えてくれるなんてこと、まずありませんから。


そうではなくて、とにかく使えるものはなんでも使って
あなた自身の人生を生きてほしいと思います。


介護を逃げてしまう人間が多い中、
きちんと問題に向き合うあなたはとてもまじめで優しいのでしょう。


しかし真面目でやさしいことが介護では裏目にでることもあるのです。


それは介護うつなど、自分自身を追いつめてしまうこと。


どうぞ一人きりで抱えず、どんな手を使ってでも自分を少しでもいいですから救ってやってください。


まずは介護のプロに無料で相談してみませんか?


きっと道が拓けることでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ