親の世話は義務なの?

親が子供を扶養するのは強い義務として法律で定められています。


また、親や配偶者、兄弟についても扶養の義務があります。


しかし、法律で親の世話が義務化されているといっても、
世話を放棄した場合は私たちは罰せられるのでしょうか?

親の世話は義務だができる範囲でいい

毒親・虐待を受けたのに義務だからと親の世話をしないといけないの?

介護っていくら法律で定められているといわれても、
きれい事では済まない大変な労力、経済的負担も必要です。


親の面倒は子供が看て当然!なんていう考え方が一般的ですが、


じゃあ、虐待されてきた子供や毒親でも面倒看るのが義務なの?
と言われると、「法律なんだから当然でしょ」なんてかんたんには言えないと思うのです・・・


まず、杓子定規にですが、法律の観点からみていきましょう。




法律では、


民法877条「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」
とされています。


しかし、子が親の扶養の義務があるという解釈では
まずは子の生活基盤を確立した上で、できる範囲で親を扶養(面倒看る)する、
というのが一般的な考えです。


つまり、子どもが経済的な余裕がないのに仕事を辞めてまで、
借金してまで面倒看る必要はないというのが一般的です。


では、親が毒親だったりかつて虐待するような親だった場合はどうでしょう?


これは明確な位置付けはありません。

真面目に考え過ぎない・一人で抱え込まない

一つの例として、あなたは真面目に働き
貯金も家族や自分の老後のためコツコツがんばっているとしましょう。


しかし、自分の親は何も考えず散財しまくる、
節約もしないでお酒やギャンブルばかり・・・


こういった場合、将来的に真面目にがんばっているのに、
どうしてこんな親のために自分のお金を出していかなければならないんだろう・・・


このようにやるせなくなってしまう方もいると思うんです。


でも、こういったケースでは親自身に経済力があると判断し、
あなたに扶養の義務は発生しないのです。


こういったケースはなかなか介護事情に詳しくない
一般の人は自分を追いつめて介護貧乏になってしまったり、
最悪の場合は介護うつになってしまうことも少なくありません。


言い方悪いですが、いくらでも逃げ道はあります。


なのでとにかく真面目に考え過ぎない、一人で抱え込まないことが
とても大事になります。


いつでも介護についてプロに無料で相談できるところがありますよ^^


あなたのつらい想い、これからの不安事を包み隠さず相談して、
あなたはあなたの人生を素敵に生きてくれることを望みます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ