親の世話を兄弟で分担する方法は?

親の世話を誰がするのか?


これでもめるパターンって結構多いものです。


もめずに兄弟仲良く分担できるのが一番お互いにとっても親にとっても
穏やかに生きていける方法ですね。


でも、兄弟のうちだれか一人が介護を多く負担するので
不公平感が出てしまい、遺産相続の時などでもめます。


下手に転がると兄弟間で絶縁状態になってしまうことも。。


そうならないためにも、今回は親の世話を兄弟で分担する方法を
一緒にみていきましょう。

兄弟間で介護についてきちんと話し合いできるのがベスト

兄弟でできることを分担しておく

まず、それぞれできることとできないことが
必ずあるはずです。


例えば、親の近くに住む兄が親の身の回りの世話をする。


遠くにすむ弟が、金銭的な援助をする。


どちらも仕事があるので、親がもしボケたら老人ホームに入れる。


その時の面会は交互に行く。


このように、親に何かある前に兄弟間でしっかり話し合いを
持てるといざ介護が必要になった時あわてずスムーズにいきます。


しかし、こういったケースは稀で、
いざ親に介護が必要になった時に焦るのがほとんどかと思います。

兄弟間一方に介護のしわ寄せがきている場合

兄弟のどちらかに親の世話の負担が大きく偏っていると
将来的に兄弟間で憎しみあう悲しい結果になっていきます。


そりゃそうです。


いくら介護を見て見ぬフリをしても、
親の相続は兄弟で平等にわけられるのですから。。


もし、お嫁さんが介護に携わったとなると、
介護をしなかった兄弟家族への憎しみは家族を巻き込んだ大きなことになります。


というより、私の夫の親がこれでもめてました^^;。


介護しなかった側は後ろめたさがあるので、
ずっと逃げるようになるんですよね・・


ただ、介護はそんなに甘いものではなく、
長期間続くものだし、親に経済力がなければ
子が介護貧乏になるのも事実。


一人だけでまたは一家族だけで老人を看るというのは限界があるのです。


そうであれば、ショートステイや老人ホームも検討して、
介護の負担はどんどん減らしていくことです。


自分たちで何とかしようと思わないこと。


兄弟が何も介護しない!と憎むだけでなく、
使えるサービスはどんどん使って「楽介護」を心がけてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ