親の介護に疲れた時の対策方法は?

親の介護に疲れてしまって


悩んでいる人が増えています。




兄弟は多いのに、介護するのは自分だけ、とか


一人っ子だから頼れる人もいない、という方いますね。


介護に疲れてしまった時の対処法は


大事なポイントとして2つあります。


介護疲れはなるべく少なく、自分の負担を減らしていきましょう。

親の介護疲れ対策方法

介護する知識をつけていく

実際に親を世話するときに、


コツをいくつか掴むと体力の消耗を少なくすることができます。




あなたの体力が消耗すると、


精神的にもダメージを受けやすくなるので、


どうしたら効率よく介護をしていけるか?


これを考えるのも有効な方法です。




一つの例としては、


オムツの替え方一つにしても、


介護ヘルパーさんにやり方を教わったら


かなり楽に替えることができた、というのもよく聞く話です。




またインターネットで情報を調べるのもいいですね。


オムツを替える時に、ベッドの高さが合っていないと


腰を痛める可能性が高くなります。


ベッドの高さを工夫するだけでも


自分の腰への負担がずいぶんと変わってきます。

精神的な疲れを減らしていく

介護はすぐに終わることのない、


長い仕事になります。


終わりの見えない仕事というのは、もうそれだけで


精神的に疲れていってしまいます。




まず、あなたが介護で疲れてるな~と思ったら


真っ先に介護の相談相手を見つけておくことです。




というのも、自分のつらい気持ちをいつでも外に吐き出し、


精神的なストレスをためていかないことです。




なかなか顔を合わせて相談するのが難しければ、


匿名で利用できるインターネットの相談が便利です。




インターネット上で介護疲れの悩みを聞いてくれたり、


介護が楽になる方法をアドバイスしてくれます。


一番大切なのは、


あなたが自分一人で悩みを抱え込まないことです。


介護疲れというのは悩みの深刻度が強くて、
最悪は事件に発展してしまう恐れすらあります。


対策方法はたくさんありますから、


あなたの気づいていない介護サービスがまだまだあるかもしれません。


必ず誰かが助けになってくれますから、


まずは相談することからはじめてみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ