親の介護費用と葬式費用を分担させる方法は?

今まで一生懸命親を介護してきたのに、


ずっと知らぬフリだったあなたの兄弟。




親の葬式で今までの苦労を一言でも労ってくれれば


まだ感情も違うのに、挙げ句の果ては遺産相続の話を持ち出してきた…




介護を手伝わない、葬式費用も出さない兄弟というのは、


こういった「何もしないクセに権利だけ要求する」こういったケースが急増しています。


こんな理不尽許せない!というのであれば、


正しく戦ってあなたのプライドを取り戻しましょう。


⇒兄弟に介護費用を払わせた方法こちら

兄弟に介護費用と葬式費用を分担させる方法は?

親の介護費用を兄弟に請求する方法

親の介護を一切手伝わず、


最終的には遺産をわけろと堂々と主張。


これでは介護を真面目にやってきた者はがっかりしてしまいます。


もし、あなたが今までの介護費用の記録や領収書を


保管していた場合は、財産相続の際に、


寄与分といって、遺産相続を他の兄弟より多く相続できる権利があります。


どういった場合に寄与分が認められるか?というと、


・介護につきっきりでまったく働けなかったことによる損失額


・老人ホームに入り、兄弟が一切費用負担しなかった場合


これらが寄与分で認められることが多いです。

介護で働けなかったというと、


あなたやあなたの家族の損失はとても多い金額になりますから、


ここはきっちり何もしなかった兄弟に負担してもらいましょう。


介護費用を一切負担せず、


相続だけはしっかりもらう、なんて通用しませんということをわからせましょう。

葬式費用を兄弟に分担させる

「葬式費用は喪主が負担する」


こんな考え方はもう通用しません。


今は核家族化が進み、法律上でも長男がすべてを請け負い財産をもらう、


という仕組みはなくなりました。


ただ、地域のならわしで、喪主は長男が当然であれば、


葬式費用は長男が負担し、香典はすべて喪主の物になります。


そして、原則として財産分与が兄弟で平等であれば、


当然葬式費用も兄弟が平等で分担するのが普通です。




葬式費用も一切払わない、という兄弟には


きちんと正式に対応するべきです。

弁護士を入れるのが一番強い

介護費用の寄与分を考慮して遺産相続したり、


葬式費用を分担させるのは、大抵兄弟間でも揉めます。


そもそも、常識的な考えの兄弟であれば、


今までの介護も手伝ってきたでしょうし、


葬式の時でも、兄弟たち自らが費用分担の話を持ち出すでしょう。


でも、そうではない兄弟であれば、


時間をおかずに遺産相続だけ平等に、と言い出すでしょう。


これは、あるいみあなたが舐められているとも考えられます。


人が良くて真面目な方こそ、ずるくて卑怯な人間が金銭を横取りしようとします。




そうであれば、あなたはあなたのプライドを保つためにも、


勝つように行動することです。

そして法律上でも理論武装することですね。


卑怯な考えの人間ほど、弁護士などが出てくると


たいていが素直に従います。


あなたも、介護に真剣に向き合ってきたことを


きちんと主張してください。


まずは弁護士に無料で相談してみてください。


きっとあなたの強い味方になってくれますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ